Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2013.01.02 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.03.05 Thursday
目に見えないもの
2008年7月5日午前8時40分
馬鹿デカい衝突音と共に、それからの生活が変わった

追突事故・・・無防備な状態に斜め後ろからキツい一発、バンパーは熱で溶けていた。

同日、余りの首の痛さに病院へ

「頚椎捻挫・全治5日」

初めての鞭打ち、しかし5日位なら大丈夫・・・と、あまりにも簡単に考えていた。


10日を過ぎた頃、猛烈な激痛・眩暈・吐き気が襲ってきた
暑くも無いのに、変な汗が「こめかみ」をつたっていた。

首にカラーを装着され、一般的な人が思う「いかにも鞭打ちらしい」ルックスに変身した。

それからは、文章にするのが困難な位、酷い状態に陥った。


それから3ヶ月過ぎた10月、症状は改善せず、医大に再検査に行く

頚椎及び脊椎の損傷、肩・足に痙攣あり、との事だった。

完治1年、治ったとして8割、後遺障が残る可能性ありと聞かされた。

握力:右15、左12 ギターを弾くどころかピックも落ちてしまう始末だった


一般的に、鞭打ちというと、即仮病と思われがちだが、

実際そうなってみると良くわかる・・・・・・「痛いのだ、焼ける位」

これが仮病なら、殆どの病は仮病ではないか?という程

なった人にしか、その辛さが判らない怪我

それは人に症状を伝える事も面倒な位


ただ、こんな状態で、あと1年も過ごすのは絶えられなかった。

バンドに復帰する事を待っているメンバーにも申し訳ない気持ちで一杯だった。

なにより、もうライブしたくてスタジオに入りたくて我慢は限界だった。


しかし、幾らそう思ってギターを抱えても、弾けず、打ちのめされる

トライ&エラーのくり返しだった。


そんな中、幸いな事に医大の療法士の人が素晴らしい人で、
一から怪我の治し方と、気持ちの持ちようを教えてくれた。

今思えば、この時の出会いが無ければ、今も10月のままだったかもしれない。
そんな素晴らしい療法士さんも、やはり鞭打ちの経験者だったのだが・・・・・


あとは、言われた通り、朝起きて日が暮れるまでストレッチを繰り返した

結果は出なくても1年クソつまらん思いするよりは、まだマシだと思いながら。



12月の終わり、上がらなかった腕が序々に上がりだし、改善の兆候が見られたが
外に雪がチラつくと痛みは激化した。

暖めて動かし、暖めて動かし、油の切れた歯車を動かすように続けた。


1月・2月と過ぎ、当初の様子からは想像できない位、改善した。
そして確実にストレッチの効果を感じ取れた。

そして3月に入り、筋トレを行っている、
週に一度5kgずつウエイトを増やしながら、
腹筋も背筋も2回を4回に、4回を8回に、少しずつ増やしながら


このままいけば、春、桜が咲く頃に復帰出来そうだという目処がついた。



事故に逢い、当初は全てがマイナスにしか思えなかった。
ただ、今までの生活で目に見えなかった事は確実に沢山あった。

それは
「怪我を治療中の人の気持ち」や
「あきらめず頑張り続ける人の熱さ」や
「普通に暮らす人との時間差」や
「自分を心配してくれる人のありがたさ」や
「いざという時、親身で力を貸してくれる人の発見」や
「元気な事がどれだけ素晴らしい事か」など・・・・・

本当、キリがないくらい

当然、良い事も判れば、その反対も沢山あるけど(笑)


復帰したら、今まで以上にやりたい事だらけで、大いにプラス志向です。

そんな気持ちは、あのまま事故が無く過ごしていたら湧いてこなかったかもしれない。


事故自体を呪ってもしょうがない、自分も加害者になる可能性はゼロでは無いし
被害者ヅラもしたくない、かっこ悪いだけだ。

だから、そんな事故の経過をブログに書く事についても悩んだ
別に進んで弱音吐きたい訳でもないし、本来なら書かんでよろしい事だけどね

ただ、文字を打つ事、これはオイラのリハビリの一環だからね、
今、かなり回復してきたから、キチンと順を追って書ける訳だし、
今回は、たまたまこんな話だが、当分はリハビリがてら、何らか長文が続く事でしょう。

そんな感じで、事故のお話はここまで。


しかし、ここ数年SNSばっかりで、所謂公的なネットへ文章書いてなかったけど
初回がこんなんでいいんすかね?(笑)


きっと桜が散る頃、ライブ復帰できる事でしょう。楽しみです

そして・・・・・・再び始まっちゃうのか?(笑)
・・・・それはヒトミさん次第(笑)



今回の一曲
BUZZCOCKS "What Do I Get"
意味はそのままだな

| Joe | 近況 | 20:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2013.01.02 Wednesday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:57 | - | - | pookmark |
Comment
事故にあわれてたんですね。。。
元気に復帰される事を遠方よりお祈りします
スーパースリットの復活も
Lapish, 2009/03/09 8:14 AM









Trackback
URL : http://srittjoe.jugem.jp/trackback/1